カプセルホテルの利用方法を写真付きで解説

   

image-capsulehotel-japan-6

どうも、たいちです。

カプセルホテルのイメージって、「安い」けど「ベッドが狭くて身体が休まらない」というイメージがありませんか?女性は「何となく危なそう」というイメージもありますよね。

実際に利用してみると、1泊3千円くらいで安いのに、こんなにゆっくり休めるのかと驚くはず。

今回は、庶民の味方「カプセルホテル」の魅力をお伝えしつつ、初心者向けに実際の利用方法を解説します。

最近は女性が利用したくなるようなオシャレなカプセルホテルも増えていますので、女性にオススメのホテルも紹介します。

この記事を読めば、今まで食わず嫌いで敬遠していたカプセルホテルが、グッと身近なものになりますよ。

スポンサーリンク

カプセルホテルって何?

一般的なカプセルホテルの特徴はこんな感じです。

  • 個室じゃなくて、ベッドサイズのカプセルの中で寝る。カプセルには扉が無いが、カーテンを閉めるとカプセルは自分だけのプライベート空間に。
    image-capsulehotel-japan-9
  • 荷物はカプセルとは別の鍵のかかるロッカーに入れる。カプセルは寝るための最低限の広さなので荷物を置くと狭くなってしまうし、貴重品は鍵のかかるロッカーの中が安心。
    image-capsulehotel-japan-8
  • 洗面所、トイレ、お風呂(サウナがある場合もあれば、シャワーだけの場合もあり)は共用。洗面所とトイレは各フロアにあるが、お風呂はロッカーと同じフロア。ロッカーが脱衣所を兼ねているイメージ。
    image-capsulehotel-japan-16
  • アメニティーは、部屋着、タオル、歯ブラシ、シャンプー、ボディーソープ、石鹸。お風呂を出た洗面所にはドライヤーもある。
    image-capsulehotel-japan-17
  • 普通のホテルと同じように、チェックインは15時くらい、チェックアウトは10時くらい
    image-capsulehotel-japan-7
  • 料金は前払いで3千円前後

 

カプセルホテルの利用方法

利用方法は難しくはありませんが、初めてだと効率よく動けないかもしれません。
別に効率的に動く必要もありませんが、仕組みを知っておいた方が安心ですね。

  1. クツをシューズ用ロッカーに入れる
  2. フロントで1泊分の料金を支払って、ロッカーの鍵を受け取る
    image-capsulehotel-japan-4
  3. 自分の番号のロッカーを探して、荷物を入れる
    image-capsulehotel-japan-11
  4. 自分の部屋番号(ロッカー番号と同じ)のカプセルを探してくつろぐ
    image-capsulehotel-japan-9
  5. ロッカーにタオル、部屋着が入っているので、ロッカーへ服をしまってお風呂に入る
    image-capsulehotel-japan-8image-capsulehotel-japan-16
  6. ロッカーに歯ブラシが入っているので、洗面所で歯を磨く
    image-capsulehotel-japan-10
  7. 自分のカプセルへ戻り、目覚ましをセットし、携帯を充電してから寝る
    image-capsulehotel-japan-7
  8. 朝起きたら、シャワーを浴びるか顔を洗ってから、ロッカーへ行って着替える
  9. フロントへ鍵を返してお終い

 

カプセルホテルの魅力は?

個人的にはこんな点がお気に入りです。

image-capsulehotel-japan-3

  • とにかく安い!もし終電を逃してタクシーで家に帰ったら、3千円じゃ済まないですよね。旅先でも宿代を3千円に抑えられたら、かなり節約できますね。
  • カプセルは決して広くはないが、最低限の広さが心地いい!子供の頃にドラえもんのマネをして、押し入れの中で寝たときのような楽しさがあります(笑)
  • ちゃんと身体を休めることができる!お風呂があって、歯が磨けて、パジャマを着てベッドに横になれれば家に帰ったのと同じですよね。

 

カプセルホテルの不便な点は?

男の視点からは、あまり不便な点は思いつきませんが…。女性にとってはカプセルホテルに限らず、急な宿泊ということ自体が難しいのかもしれませんね。

image-capsulehotel-japan-19

  • 男性専用のカプセルホテルが多い。女性にとっては選択肢が限られるかも。
  • アメニティーが最低限しかないので、女性にとっては足りないのかも。たいていはコンビニで買えるような気がしますが、むしろ高くつくかもしれません。
  • 洗面所等のすべてが共用なので、そういうのが苦手な人にはキツい。
    image-capsulehotel-japan-10

 

知っておいた方がいいポイントは

カプセルホテルをより便利に活用するために、事前に知っておくべき点もお伝えします。

  • カプセルホテルは、事前予約無しで夜中に行っても泊まれる気軽さがあります。ただ、ホテルによっては、事前にネットで予約した方が安く泊まれます。例えば、事前予約無し5,000円、事前予約あり4,000円、直前予約3,000円といった具合の値段設定です。
  • ドアがないカプセルホテルは、他のカプセルの物音が良く聞こえます。人によっては、他人のイビキや目覚ましの音がうるさく感じるかもしれないので、耳栓やイヤホンがあると寝やすいです。

 

女性も泊まりやすいオシャレなカプセルホテル

カプセルホテルといえば、オジさん達がただ寝るだけの簡易宿というイメージがありますが、最近は女性も泊まりやすいオシャレなカプセルホテルが増えています。
私が泊まった中で、一番キレイで女性向けだと感じたのが、京都にある「ナインアワーズ」です。

 

ナインアワーズ京都

ここからは写真で紹介します。

外観からカプセルホテルとはわかりませんね
image-capsulehotel-japan-13

フロントもオシャレ
image-capsulehotel-japan-4

女性は低層階、男性は高層階と分けられていて、乗るエレベーターも男女で分かれています。
image-capsulehotel-japan-5

カプセルが並ぶ様子は近未来的
image-capsulehotel-japan-6

カプセルの中も流線型です
image-capsulehotel-japan-3

ロッカーはスーツケースも入る形
image-capsulehotel-japan-2

お風呂は無くてシャワーしかありませんが、キレイです
image-capsulehotel-japan-1

トイレも清潔感があります
image-capsulehotel-japan-14

洗面所もキレイです
image-capsulehotel-japan-12

 

まとめ

今回は、庶民の味方「カプセルホテル」の魅力をお伝えしつつ、初心者向けに実際の利用方法を解説しました。

また、最近は女性が利用したくなるようなオシャレなカプセルホテルも増えていて、その中で特に女性にオススメの「ナインアワーズ」についても紹介しました。

この記事を読んで、「今度カプセルホテルを利用してみようかな」という気分になってくれたらうれしいです。

それでは。

 

 -  旅行、イベント