男ならこれで準備完了!ハワイ旅行の持ち物リスト

image-hawaii-belongings-2英会話

どうも、たいちです。

海外旅行っていつも久しぶりに行くので、忘れ物が無いか不安になりますよね。

今回は、私が実際にハワイへ3泊5日で旅行した時の持ち物を、すべて洗い出してみました。

男性なら、だいたいこれくらいの持ち物で済むのではないでしょうか。

下記の荷物なら、機内持ち込みサイズのスーツケースに詰めても余裕です。

[adsense]

スポンサーリンク

貴重品

□ パスポート
□ 航空券(Eチケット)
ESTA(ハワイはアメリカです!忘れると入国できません)
□ 財布と300ドル(あとはクレジットカードを利用)
□ クレジットカード(VISAならどこでも使える)
□ 腕時計
□ 海外旅行保険(ネットで出発直前に申込)

ESTA(エスタ)って何?という方はこちらを参照してください。
「在日米国大使館・領事館」の「ESTA(エスタ)申請」のページ
イメージとしては「観光ビザ」で、オンラインでも申請できます。

 

電子機器

□ スマホ(海外用のレンタルのポケットWi-Fiもあると便利!)
□ iPad mini(ハワイのガイドブックを事前にダウンロード)
□ スマホ、iPadの充電器(忘れがち!)
□ イヤホン(機内ではノイズキャンセリング&有線がオススメ)
□ 一眼レフカメラ

 

日用品

□ ポケットティッシュ
□ 目薬
□ マスク(飛行機やホテルで使用)
□ のど飴、のどスプレー
□ 使い捨てコンタクト
□ スーパーのビニール袋(濡れた水着用)
□ エコバッグ(帰りのお土産運び用にもなる)
□ 4色ペン(入国カードの記載などに)
□ 街歩き用バッグ(軽くて疲れにくいものを!下の2つがオススメ)

オススメ①
ボディバッグとして身体の前に抱えることができるので、海外でも安心して街歩きができます。荷物の量によってマチが変えられるので身体へのフィット感がいい感じです。軽い!

オススメ②
バックパック&トートバッグの2wayで、使わないときは折り畳んでコンパクトに持ち運べます。何よりバッグ自体の重さをほとんど感じないくらい軽いので、街歩きも機内用にも最適です。

 

洗面用具

□ 歯ブラシ
□ 電気シェーバー(出発前に充電を忘れずに)
□ 制汗ロール
□ ヘアワックス
□ 洗顔シート(手が洗えない時のウェットティッシュ代わりにも)
□ 化粧水

洗面用具入れを、洗面所のタオル掛けに吊り下げておくと、洗面用具を使うときだけ取り出すので、濡れない&片付けもラクで便利です。
かなりオススメ!

 

衣類(3泊4日)

□ Tシャツ×4
□ ポロシャツ×2
□ パンツ×5
□ 長袖シャツ×1(飛行機や店で冷房が効きすぎな時あり) 
□ ハーフパンツ×3

ホテルに寝間着は無いので、部屋着も忘れずに!

 

海やプール用

□ 水着
□ ビーチサンダル
□ サングラス(外は日差しが強い)
□ 日焼け止め
□ 携帯電話の防水袋(首から下げられると便利)

私が実際に試してオススメな防水袋がこちら。携帯と小銭を持ってビーチで遊べて便利です。むしろ持って行かないと現地でちょっと後悔すると思います…携帯が無いと写真も撮れないし。

 

【参考1】ダイヤモンドヘッドで日の出を見るなら

ダイヤモンドヘッドの頂上で見る「日の出」はオススメです!

image-hawaii-belongings-4

この場合、真っ暗なうちにホテルを出て、麓(ふもと)で登山道の開門を待つ必要があります。
ハワイとは言っても明け方は意外と冷えるので、この待ってる時間は寒いんです。

以下のどちらかを持っていくことをオススメします。
□ 折りたたみのウインドブレーカー
□ ウルトラライトダウンジャケット

また、山道はそんなにキツくはないですが、履き慣れないサンダルだと靴ズレになるかもしれません。
履き慣れたサンダルか、不安であればスニーカーを用意しましょう。

 

【参考2】飛行機で手もとに置いておく物

image-overseas-belongings-2

飛行機に乗ったとき、バッグを頭上の棚に上げてしまったせいで、「あ〜必要な物がない!上から荷物出さなきゃ!!」と大変な思いをしたことがありませんか?
そんな事態にならないよう、私は次の物をショルダーバッグに入れて、毎回必ず手もと(足もと)に置くようにしています。

  • イヤホン:使い慣れたものが一番
  • スマホ:時計、メモ、手もとのライトに
  • サイフ:無くしたら大変
  • ボールペン:入国審査カードを書くため
  • パスポート:海外旅行では一番の貴重品 & 入国審査カードに番号を書く際に参照
  • 航空券:入国審査カードに便名・座席番号を書く際に参照
  • ガイドブック:現地に着いてからの計画を立てる
  • 洗顔シート:寝起きの顔拭き、お手拭きに便利
  • マスク:乾燥してるので寝てる間に喉が痛くなったら大変
  • 歯ブラシ:口が気持ち悪いと寝られません→無印良品にはシート式の歯みがき粉があり、液体でないので機内に持ち込めますよ

 

【参考3】スマホに入れておくべき画像

image-savings-stressfree-2

日本を出発する前に、いくつかの写真データをスマホ内に保存しておくと便利です。

  • パスポートの写真(万が一パスポート自体を失くしてしまった時のため)
  • 航空券、Eチケット(同じく紛失時のため)
  • 入国審査カードの記載例(事前に画像保存しておけば書き方に迷わない。機内で調べたくてもネット環境なし)

ハワイの税関申告カードの書き方(JAL)のHP

機内で入国審査カードを記入する際には、これらのデータが揃っていれば記入が早いですよ。

 

【参考4】持って行ったけど、無くても良かったもの

image-work-dislike-2

□ モバイルバッテリー→毎日ちゃんと充電すれば不要
□ コンセント変換プラグ→ハワイは日本と同じ形状なので不要
□ Kindle power white→読書用だけどハワイは楽しくて使う暇なし
□ 首回りのクッション→ハワイまでのフライト7時間は映画見てたらあっという間
□ アイマスク→特に使う場面が無かった

ハワイ便は日本を夜に出発 & 現地の朝に到着が多いので、1日めからフルで動くためには機内で映画を観ないで寝た方がいいですが…

 

【参考5】クレジットカード払いでマイルを貯める

image-savings-stressfree-7

我が家は、利用する度に「飛行機のマイル」が貯まる「クレジットカード」を利用しています。
日常生活のあらゆる支払を、可能な限りこのクレジットカードで行っています。

もちろん、旅行の飛行機代、ホテル代、食事や買い物の支払等も全てクレジットカードから行います。

徹底してクレジットカードを利用することで、かなりのスピードでマイルが貯まっていきます。
結果として、最近では海外旅行やカナダへの往復など、貯めたマイルだけでほとんどの飛行機に乗れています。

どうせ支払うなら、ポイントやマイルが貯まらない支払方法で払うのは本当にもったいないですよ。

旅行では特にたくさんのお金を使うので、マイルをたくさん貯めるチャンスです。

ハワイ旅行での支払いでマイルを貯めて、そのマイルを使って再びハワイに行けるかもしれませんよ!

 

まとめ

image-hawaii-belongings-3

今回は、私が実際にハワイに持って行った時の全ての持ち物を細かく書き出しました。
南国は、海外旅行のわりに荷物が少なくてOKなのでラクですね。

ちなみに例えばホノルルなら、足りないものがあっても日用品ならだいたい現地のABCストアで買えます。
ただ、ちょっと割高になるので、なるべく忘れ物はしない方がいいと思いますよ。

お金持ちになって、手ぶらでハワイへ行って全て現地調達してみたいです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました