あなたは何のために生きていますか?

   

image-dream-living-1

どうも、たいちです。

あなたは何のために生きていますか?

生きる目的は何だっていいと思います。

本が好きで本を読んで暮らしたい、映画が大好きで映画を観てれば幸せ、ゲームさえしてれば他のことは忘れられる。
家庭的な人であれば、奥さんや子供と一緒に過ごすことが大好きで、家族の笑顔を見ることを生きる糧にしている人もいるでしょう。

そういった事を、すぐにあげられる人は生きる目的があると言えると思います。

一方、そう言われてみれば何のために生きてるんだろう?最近楽しい事あったかな?みたいな人も意外と少なくないんじゃないかと思います。

生活するために生きている、生きるために生きているみたいな人ですかね。

そういう日々では、気がついたら定年を向かえて、自分の人生って何だったんだろう?みたいな後悔をするのではないでしょうか。

何でもいいから自分が幸せだと思える事を見つけることは大事な事です。

どんな些細なことでもいいです。
これをやってる時は自分は幸せを感じてるのかもしれないな、というものを探しましょう。

スポンサーリンク

人生をどう生きるか?といった難しいことではありません。

死ぬときに何らか幸せだったな、と思えるものを持って最期を迎えられればそれで十分ではないでしょうか。

そのためには、自分の幸せと思える事を見つけて、それを大事にして生きていく方が良いに決まっています。

自分が幸せになるために生きればいいんです。
もちろん、それで他の人に迷惑をかけるのは良くないことですが。

でも、他人の目を気にして自分の幸せを我慢したり、犠牲にしたりするのってもったいないじゃないですか。

自分の人生は一度きり、他のことに気を配りすぎて自分の幸せを犠牲にするのも一つの人生ですが、それで後悔するくらいなら、後悔しない人生を生きたいですよね。

日々の生活を送る中で、一番に考えるべきは自分の幸せ。
それくらいの姿勢でなくちゃ幸せに死んでいくことはできないんじゃないでしょうか。

image-dream-living-2

生活するために生きる、生まれてきちゃったから死ぬまで何となく生きる。
こんなにもったいない生き方はないと思います。

 

自分が幸せになるためには、今何をすべきか、どんな日々を過ごすべきか、たまには立ち止まって考えてみてはいかがでしょうか。

仕事で終電帰りの電車の中で、ふとそんなことを考えました。

 

次のセリフは有名かもしれませんが、アメリカの映画監督スティーブン・スピルバーグ監督のものです。

I don’t dream at night, I dream all day; I dream for a living.
(僕にとって夢は寝ている間に見るものじゃない。いつもずっと夢を見続けてるんだ。生きる糧として夢を見ているから。)

 

 

あなたは今、幸せに生きていますか?

それでは。

 - 信念