カナダから日本への国際電話ならコーリングカードが安い

      2017/04/23

image-calling-card-eye

どうも、たいちです。

国際電話といえば、とにかく高いイメージがありますよね?

カナダから日本へ国際電話をかける際に、あなたが考えるのは「いかに安い料金で」という点でしょう。

そこで今回は、カナダから日本へかける国際電話を、驚くほど安く済ませる方法をお伝えします。

電話をかける際の、具体的な手順も含めて説明しますね。

スポンサーリンク

 

日本への国際電話の料金が安いのは「コーリングカード」

image-calling-card-10
LINEやSkypeなどの無料通話を除けば、日本への国際電話の料金が最も安いのは「コーリングカード(国際プリペイドカード)」を利用する方法です。

この方法を利用するには、まず最初に「コーリングカード」を購入する必要があります。

「コーリングカード」があれば、携帯電話・固定電話・公衆電話のいずれからでも国際電話をかけることができますが、ここから先は「携帯電話」の利用を想定しています。

以下の2つの料金で、「コーリングカード」を利用してカナダから日本へ国際電話をかけることができます。

  1. 「コーリングカード」の購入代金(利用料)
  2. 携帯電話からの市内通話料金

どれくらい安いのか、それぞれ具体的に見ていきましょう。

1.「コーリングカード」の購入代金(利用料)

「コーリングカード」を使って日本へ国際電話をかけると、通話時間に応じた「利用料」として、カードの残高が減っていきます。

「テレホンカード」と同じです(懐かしい…)。

「コーリングカード」には、例えば5ドルとか10ドルとかいった、いくつかの種類が用意されています。

「コーリングカード」の「利用料」は驚くほど安いので、 一般的に10ドルで5時間以上は話せます。

(例えば、日本への事務連絡のために国際電話を使用するだけなら、1年間で5時間も話しませんよね。)

2.携帯電話からの市内通話料金

携帯電話から「コーリングカード」を利用して国際電話をかける場合、携帯電話から「市内の電話番号」へ電話をかけることになります。

(後ほど、具体的な国際電話のかけ方でも説明しますね。)

つまり、「コーリングカード」を利用すれば、携帯電話から「市内通話料金」で国際電話がかけられます。

しかも、カナダの携帯電話は、プランの基本料金に無料通話が数時間分含まれていることが一般的です。

なので、カナダで携帯電話を契約していれば、実質的にはこの市内通話料金は追加で負担する必要はないということになります。

 

結局どれくらい安い?

カナダから日本へ国際電話をかけるのに、10ドルで5時間以上も話せるほど安いのです。

(次に説明するCiCiのphone cardの場合です。「コーリングカード」の種類によって料金は異なります。)

自分も初めての国際電話をかける前までは、こんなに簡単で安い方法があるとは知りませんでした。

 

「コーリングカード」の購入方法

「コーリングカード」は、主にコンビニ(有名なのはセブンイレブン)で買えます。
たまにスーパーやドラッグストアでも見かけますが、最も種類が豊富なのはコンビニです。

コンビニに入ってすぐ、レジの前あたりに、いろいろな種類のプリペイドカード売り場があって、その一部に「コーリングカード」が並んでいます。

image-calling-card-1

image-calling-card-2

「コーリングカード」を購入する際には、必ずレジでカードをアクティベート(カードの有効化)してもらってから使用します。

ちなみに私が利用している「コーリングカード」は、CiCiのphone cardの「アジア」のカードです。

image-calling-card-3
特に何の問題も無く使えているのでオススメです。

(2017.4.7加筆)
まだ残高が2ドル程度残っていたはずなのに、次に掛けようとした時に「残高が無いため通話できません」と言われました。
原因はわかりませんが、このような事態も起こりうるということが判明しました…。

他の会社の「コーリングカード」には、例えば以下のように残念なものがあるようです。

  • 通話時間に応じた利用料に加えて、通話1回ごとに定額料金の課金がなされる
  • 通話品質が悪くて使いものにならない

なお、CiCiのphone cardはオンラインでも買えます。
私も実際に買ってみましたので、こちらの記事を参照してください。
カナダのコーリングカードをオンラインで購入する方法の記事

これなら、お店にカードを買いに行かずにすぐに国際電話がかけられますね。

 

「コーリングカード」を利用した日本への国際電話のかけ方

「コーリングカード」での国際電話は、携帯電話からカードに書かれた電話番号へ電話し、

image-calling-card-5

あとは自動音声に従って操作することで、日本へ通話できます。

「コーリングカード」の裏面には、電話をかける際の、以下の手順が英語で書かれています。

①暗証番号が書かれた箇所をコインで削って暗証番号を把握する
②カードに記載された電話番号リストから、自分の市内の番号を探してかける
③自動音声が流れたら、日本語を選択する
④先ほどの①で把握した暗証番号を入力する
⑤日本の電話番号へダイヤルする
「011」+「81」+「かけたい番号の最初の0をはずした番号」

image-calling-card-4

なお、⑤で最初の「0」をはずすのを忘れないように気をつけてください。
・東京「03」であれば「3」から
・携帯の「090」であれば「90」から

また、電話をかけるたびに、「コーリングカード」の残高がいくらで、あと何分だけ通話できるのかを自動音声で教えてくれます。

 

まとめ

image-canada-post-15
今回は、カナダから日本へ国際電話をかける際に安く済ませる方法を、具体的な手順も含めて説明しました。

LINEやSkypeなどの無料通話を除けば、最も安いのは「コーリングカード(国際プリペイドカード)」を利用する方法です。

「コーリングカード」は主にコンビニのレジ前で購入することができ、必ずレジでカードをアクティベート(カードの有効化)してもらってから使用します。

「コーリングカード」での国際電話は、携帯電話からカードに書かれた電話番号に電話し、あとは自動音声に従って操作することで、日本へ通話できます。

 「コーリングカード」の裏面には、電話をかける際の、以下の手順が英語で書かれています。
手順はそんなに難しくありません。

それでは。

 -  生活全般