407ETRからの封筒?それは高速道路利用料の請求書です。

      2017/05/20

どうも、たいちです。

ある日、あなたの住所へ「407ETR」と書かれた封筒が届くかもしれません。

それは高速道路の利用料金の請求書です。

新手の詐欺だと勘違いして、そのまま放ったらかしにしないでください。

スポンサーリンク

「407ETR」という有料道路を利用したはず

image-407etr-highway-8

この看板に見覚えがあるでしょうか?

「407ETR」から請求書が来たなら、最近この有料道路を利用したはずです。

もしピンと来ないなら、最近トロントの近郊で車を運転しましたか?
気がつかずに、この有料道路を走っていたのかもしれません。

 

「407ETR」はどんな道路?

image-car-buy-2

「407ETR」はトロントの近郊を走る、有料の高速道路です。
(「ETR」は「Express Toll Route」の略)

有料道路ですが、料金所はありません。

世界で初めて、全自動課金システムを導入した高速道路です。

道路に設置されたカメラで、あなたの車がどこから「407ETR」に乗って、どこで降りたか記録されます。

車のナンバープレートから所有者を割り出し、あなたの住所へ請求書が送られてくる仕組みです。

 

請求書の内訳

image-407etr-highway-2

あなたに届いた請求書もこんな内訳のはずです。

  1. Toll charges:「407ETR」の利用距離に応じた課金
  2. Trip toll charges:基本料金(利用回数に応じた課金)
  3. Camera charges:道路に設置されたカメラの利用料(利用回数に応じた課金)
  4. Account fee:口座維持費(利用した月のみ月次請求)

 

たいした距離を走ってないはずなのに、料金が高いですよね…。

なお、No.3のカメラ利用料は、車にETCのような機械を搭載すれば請求されません。
年間に6回以上「407ETR」を利用するなら、搭載した方が安くなる計算です。

「407ETR」による機械(Transponder)の紹介ページ

 

支払はオンラインで可能

支払はインターネット上で、クレジットカードで簡単にできます。

まず、以下のページにアクセスします。

「407ETR」による支払のページ

image-407etr-highway-7image-407etr-highway-6

入力欄に必要な事項を入力します。

  1. Account Number:請求書に記載された請求書の番号
  2. Payment Amount:請求書に記載された金額
  3. Name as it appears on card:クレジットカードに記載されたあなたの名前
  4. Type:VISA、Master card、アメックスが使えます
  5. Card Number :クレジットカード番号
  6. Month,Year:カードの期限
  7. Security Cord:カードの裏面に記載された3桁の番号

 

入力が完了したら「Continue」ボタンを押します。

image-407etr-highway-4

次のページで、入力内容を確認したら「Process Payment 」ボタンを押せば完了です。

image-407etr-highway-5

最後のページは保存用なので、印刷や写真を撮って保管しておきましょう。

 

まとめ

image-407etr-highway-3

  • 「407ETR」から封筒が来たら、それは高速道路利用料の請求書
  • 「407ETR」は全自動課金システムを導入した高速道路
  • 請求は利用距離や回数に応じてなされ、金額は高め
  • 支払はインターネット上で、クレジットカードで簡単にできる

 

無料の高速道路に慣れると、「407ETR」はとても高く感じます。
(実際、地元の人も緊急時か仕事でしか使わないようです。)

今回は「407ETR」のことをよく知らずに乗ってしまった、あなたのお役に立てれば幸いです。

それでは。

 

 -  車